審判の基本(3): ランナーが塁を踏んでいるかの確認

塁審をやるうえでアウト、セーフなどの判定以外に重要な確認ポイントがあります。

それは、ランナーがしっかりと塁を踏んでいるかの確認です。

私も正直、良く忘れます。(いけません。)

特に外野方面に打球が飛んだ場合など、そっちに意識がいってしまって、走っているランナーを気にかける余裕が、まだまだありません。
ひよっこお父さん審判です。

なので、しっかりランナーが塁を踏んでいるかを「意識」して確認することを心がけるようにしています。

なぜ、これが必要なのか。

少年野球では、しばしば塁の踏み忘れ(空過)が発生します。一生懸命走って、歩幅が合わずに踏めなかった場合などです。

塁の空過はアピールプレイの対象

もし、塁を空過してしまった場合は、どのようになるでしょう。

まず、公認野球規則上の空過を禁止した規定は次のとおりです。

走者は進塁するにあたり、一塁、二塁、三塁、本塁の順序に従って、各塁 に触れなければならない。逆走しなければならないときも、5.06(c)の各規定のボー ルデッドとなっていない限り、すべての塁を逆の順序で、再度触れて行かなければ ならない。前記のボールデッドの際は、途中の塁を踏まないで、直接元の塁へ帰る ことはさしつかえない。

【注1】ボールインプレイ中に起きた行為(たとえば悪送球、ホームランまたは柵外に 出たフェアヒットなど)の結果、安全進塁権が認められたときでも、走者が、進塁ま たは逆走するにあたっては、各塁を正規に触れなければならない。

そして、公認野球規則上のアピールプレイの規定に次のようにあります。

ボールインプレイのとき、走者が進塁または逆走に際して各塁に触れ損ねたとき、その塁を踏み直す前に、身体あるいは触れ損ねた塁に触球された場合。

ランナーは塁を進むにあたって、各塁に触れなければならないが、触れ損ねたランナーをアウトにするにはアピールプレイが必要であることが記されています。

アピールプレイとは何か。公認野球規則上では

アピールは言葉で表現されるか、審判員にアピールとわかる動作によって、その意図が明らかにされなければならない。プレーヤーがボールを手にして塁に何げなく立っても、アピールをしたことにはならない。

とありますので、空過の場合には、守備側の選手が、踏み忘れた塁をボールを持って踏み、どのランナーが踏み忘れてましたよと審判にアピールすることでアウトを取ることができます。

つまり、塁を踏んでいるか否かの確認は非常に重要であるとともに、空過したのを審判が認識していても「知らぬ振り」が必要。この時点で審判自ら指摘をしたり、アウトのジャッジを下してはいけません。

守備側からのアピールがあればアウト。アピール権が消滅した場合(次のプレーが行われたり、チェンジで内野手全員がフェアゾーンを離れたりした場合)には、空過があっても踏んだものとして扱われます。

以前、他チームでの公式戦で、ランニングHRでの空過があり、アピールアウトになった現場に遭遇。
塁審、良く見ていたなぁ。

あの現場で自分が塁審していたらと思うとゾッとしました(苦笑)

ぜひ、皆様もランナーが塁を踏んでいるかの確認を「意識」して行うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です